ハーレーDIYでシート改造

シート

ハーレーを改造する時に複雑な部品をいじるのは大変ですが、実は簡単にカスタムできる所もあります。それは乗る時に座るシート部分でこの部分は加工がしやすく、慣れていない方でもすぐに改造できます。DIYで改造をする時は色々な準備がいりますが、この部分はそれほど必要な道具はありません。ハーレーのこの部分は大きなホチキスのようなもので、とめられているだけなので簡単に加工できます。

ホチキスのようなものはタッカーと呼ばれる道具で、この道具を使って表面のカバーをとめています。そのためDIYをする時はまずタッカーを用意しますが、知り合いから借りて対応することもできます。ハーレーのシートは内部がウレタンでできているため、それを加工すれば大きさや形を変えられます。

シート

加工する時はウレタンを削ることになりますから、慎重に対応しないと問題になります。また加工をする時は表面のカバーを取り替えることも可能で、技術力があれば新しいものにできます。ハーレーのDIYは技術力は必要ですけど、色々なことができるのでメリットが大きいです。特にバイクの座る部分は長期間利用しますから、自分に合った形にしておくとバイクの乗りやすさが変わります。